FC2ブログ

#28 Sam Cooke "A Change Is Gonna Come "

Sam Cooke

M-Culture開始の頃から、この曲をラストにと思っていました。
もう、R&Bもレア曲も関係なく。

このコーナーで、何度もご紹介してきた偉大なR&Bシンガーたち。Otis Clay、ジョニー・テイラー、ボビー・ウーマックやアル・グリーンなど。
彼らは、教会で熱狂的に演奏される、ゴスペル・ミュージックにルーツを持っています。ゴスペルの世界で名を上げ、そしてR&Bという世俗的な世界に降りてゆく。この先駆けとなったのが、今日ご紹介する、R&Bを創った男と呼ばれるSam Cookeなんです。

Gospelシンガーと言っても、ハンサムな彼の人気は半端ではなく、教会やホールに女性ファンが殺到して、キャーキャー黄色い声を上げて、大変だったらしいです。
それで、サムは1957年にR&Bの世界に転身し、「You Send Me」で全米1位を勝ち取ります。
当時、これは大変なことで、特にサムの父親は有名な牧師だったので、勘当同然の仕打ちだったらしいです。
でも、サムはこれに負けず、どんどん前に進み、数え切れないくらいのヒットを量産していきます。
それだけでなく、彼は革新者でもあって、史上初めて黒人アーティストによるレコード会社と音楽出版社を設立して、著作権などを管理することに成功します。
そして、彼を慕う若手アーティスト、ジョニー・テイラーやボビー・ウーマック、ルー・ロウルズを育成します。

こうして黒人ミュージシャンとしてはじめて大きな成功を収めたサムでしたが、栄光の終焉は突然やってきます。1964年12月、宿泊先のモーテルの女主人に射殺されて、33年の人生を閉じます。
当時、サムは公民権運動に深く関っていました。親交のあったマルコムXや、キング牧師が暗殺されたのもこの頃。彼の死は謎に包まれています。

実は、サムはミシシッピで生まれたんですが、当時の世界恐慌の影響で食べられなくなり、家族でシカゴに引っ越してきて、そこでゴスペルグループに加入したんですね。彼がゴスペル界からR&Bショービジネスの世界に転身したのは、このことが根っこにあるのかも知れません。

そのサム・クックが、生前にボブ・ディランの「風に吹かれて」を聞いて、白人に負けていられない、とばかりに作ったのが、今日ご紹介する曲、"A Change Is Gonna Come"なんです。
R&B初めてのメッセージソングと言われています。

「長くつらい時間を過ごしてきた。でも俺には判る。変化!チェンジが訪れる!」
という曲です。

いつか必ず道は開ける!チェンジが来る!信じていきましょう!
スポンサーサイト



日本の未来 石川の未来③(3月27日放送分~最終回)

<会社の存亡に直結する事業再生。誰に相談すればいい?>

こと経営者や会社のことについては、全ての事情を知る身近な存在として、税理士がよき相談者であるべきだと思います。

<税理士は税金の専門家という印象だが?>

税理士は、経理を通じて、その会社の懐具合をいちばん理解している存在ですから。場合によってはその会社の経営者とか経理担当者よりも、もっと状況を理解していてもおかしくないでしょう。

それと、いろんな会社と接触していて、そこで起こっているさまざまな出来事を生で経験していますからね。成功例も、失敗も。

弁護士さんのところに行くと、適切なアドバイスが貰えます。これは自己破産したほうがいいとか、民事再生でいきましょうとか。でも弁護士さんは経営のプロではない。民事再生でも何でも、とにかく仕事を続けていくのであれば、経営そのものを立て直さなければいけません。でないと、必ず同じ道を辿ることになる。

だからこそ、税理士はいろいろと勉強すべきだと思っています。金融のことも、民事再生法のことも、税理士の試験科目にはありませんからね。
もちろん机の上で勉強するだけではダメで、現場を経験する必要がある。
弁護士さんや司法書士さんなど、異業種の専門家の方たちと提携する必要があると思います。

仲のいい弁護士さんに言われたことがあります。
「弁護士は、ある意味会社を殺す仕事。税理士さんは大変だね。だって、ひたすら生かす道を探さなきゃいけないんだから」
でもね、大変だからこそ、やりがいと喜びもあるのだと思ってます。

<TAXMANはどのような取り組みを行っているの?>

自分で言ったことに自分で答えてるようですが、実は、専門家の人たちと、再生支援のためのチームを組んでいます。
Team Renovationと言いまして、弁護士さんがお2人、タックスマンを含めて税理士2名、社会保険労務士さんに司法書士さん、そして企業再生を手がける経営コンサルタント、M&Aコンサルタントと言うメンバーです。

もちろん優秀で経験豊富な方たちばかりです。発足間もないですが、現在5件、8社ほどの再生・M&A案件を手掛けています。
タックスマンが今まで苦闘しながら再生、M&Aに取り組んできたことで獲得することが出来た人脈です。
みんな個性的ですが、先輩・友人として、飲んでも楽しい仲間でもあります。
地域経済が苦境にあるとき、そう、今こそ出番だと思っています。

<銀行から融資を断られるような中小の企業でも何とかなる?>

正直、どこでも、と言うことではないかもしれません。事業停止を選択せざるを得ないケースもあります。
でもね、先週お話したとおり、あなたの会社に、他に負けない価値があって、借り入れ返済さえなければやっていける。そのような会社には、未来があり得ます。
実際、再生は大変です。慣れ親しんだ社員さんと涙を飲んで別れなければいけないこともある。個人の財産の大半を失ってしまうこともあるかもしれない。
民事再生中の会社には、再生計画の認可まで融資も下りない。手形を貰ってもどこもお金にしてくれない。途中までは茨の道です。正直、制度も整備されていないからです。
でも、不屈の精神で前に進めば、道は開けます。そのためにも、常に自分の会社の仕事の価値を高める努力を怠ってはならない。
そんな方の、力になります!

税理士法人中山会計のホームページに「専門家ネットワーク チーム・リノベーション」のページをリンクしてあります。思い当たる方は、是非ご一報を!


(文責:Taxman)

日本の未来 石川の未来②(3月20日放送分②)

<この時代の中で経営者や働く人たちはどうすればいいのか・・>

ともかく、経営者や労働者の皆さんは、こんな時代の中を生きていかなきゃいけない。
そこで、今日はタックスマンなりの生き残りのためのスタンスをお伝えしたいと思います。

まず、甘えを捨てること!時代は変わってしまったんです。「まあ、そのうちまた景気も戻る」なんて考えは捨ててください。
環境のせい、他人のせいにしても、何も始まりません、誰も助けてくれません!「経済環境が悪いから仕方がない」、「社長の責任だから何とか給料今までどおり出してもらわないと」なんて考えは捨てることです!
覚悟を決めないと、生き残ることは出来ません!

次に、こういうときだからこそ、本当にやるべきことをやること!
経営者であれば、自分の会社の一番いいところを見極めて、それを伸ばす努力をする。働く人は、自分の仕事の価値をしっかり把握して、今しておくべきことをしっかりしておく。

たとえば、製造業であれば、培った技術力にこそ価値があるかもしれません。であれば、儲けを狙ったブローカー的な活動はやめて、資金と労力をそこに集注する。働く人は、今の暇な時間を活用して、勉強して新しい資格にチャレンジするとか。
こういうときだからこそ、逆にもともと自分がやりたかった仕事に職種換えすることもありかもしれません。

最後は、絶対にあきらめないこと!
やるべきことを見極めて、会社や仕事の価値を高めていれば、民事再生や任意再生を通じてでも、生き残ることは可能です!

というわけで、安易にポジティブに、とはいえませんが、しかし、人生、やるべきことをやるチャンスだ!と捉えて開き直っていただきたい!


(文責:Taxman)

日本の未来 石川の未来①(3月20日放送分)

現在、皆さんご承知の通り、大変な経済状況です。
1年前にM-Cultureの話があったときには、ちょっとした節税ネタ、利殖のことなどを話そうと思っていました。ところがそんな話はぶっ飛んでしまった!
まず、原油価格高騰で、ガソリンや灯油・重油がバク上がりしました。それが落ち着き始めたトタンに、9月15日のリーマン・ショックですよ。
で、今は倒産ラッシュ。上場企業の倒産件数は史上最高で、ここ石川の地場企業も、ホントばたばたっていう感じで経営破たんしている。も、どこが潰れてもビックリしないってカンジのとこまできています。
ああ、これからどうなるんだろう、私の生活、私たちの会社、地域、いやこの国は、と思ってらっしゃる方はいっぱいいると思うんですね。
そこで、これを考えてみたい。
題して、「日本の未来、石川の未来」。

<TAXMANは経済環境の今後をどうみる?>

まったくもって予断を許さない。それどころか、ますます厳しくなる可能性があると思っています。

<ますます厳しくなるだろうと見る、その根拠は?>

現在の大不況の大もとは、3つの事情によると思うんです。
ひとつは、金融事情の激変。
二つめは、金融問題に端を発して、実体経済に広く不況が蔓延してしまっていること。
三つめは、政策の無為です。

まず、この金融不安の規模が只事ではない。
今回の金融不安の発端は、ご存知サブプライム・ローンですが、これがきっかけで大きな金融崩壊が起きた。
なぜか。

米国市場を中心に、投資効果を最大限に高めるための金融商品が複雑に構築されていた。いわゆる金融デリバティブ商品がこの最たるものですが、これは例えれば狭い机の一角にくみ上げられた、積み木崩しゲーム、ジェンガのようなもので、これが、サブプライムと言うひとつのピースを抜くことによって、一挙に崩れ落ちた。
巨大な積み木の山が。
サブプライム問題は、単に小さな切れ端に過ぎないわけです。
ある本によると、世界中の金融デリバティブの想定元本額は、なんと6京円だというんですよ。
これがどれだけの金額か。日本のGDPは500兆円あまりです。要するに、日本の全国民が飲まず食わずで働いて、120年分。世界のGDP合計は5~6000兆円と言われているので、全人類の所得の10年分。これだけの積み木の山を積み上げて、世界好況ということで浮かれてしまった。
で、この積み木の山が崩れてきている。これは大変なことです。

二つめの、金融不安が、実需を伴う企業にまで広範囲に広がっていることについて。
上場企業の破綻が過去最高件数を記録したのが2008年。これが33件ですが、今年に入ってすでに13件。このペースでいくと、どれだけの件数に達するのか正直判りません。

現在、大企業と言えども、資金調達は至難を極めています。
例えば、CPと言って、短期割引手形を発行してお金を調達するんですが、これが金融不安によりまったく引き受け手がない。
それに、輸出立国の日本の最大のお客さん、アメリカの消費は金融問題で痛んでいたまったく期待できない。

もちろん中小企業はもっと大変です。大企業の下請けだったりしますから。
実際、新聞でも毎日のように地場企業の破綻情報が報じられている。
民事再生などはまさにラッシュと言う感じで、早い者勝ちという様相です。

三つめの、政策の無為。
間違いなく、金融対策を選考するべきだったのに、どっかの首相は口を開けば「景気対策」ばっかり。
それがうまくいかないとみると、「この人を担いでは選挙は戦えない」的な発言ばかり。国として大事なことは、選挙に勝つことですか?
正直、選挙でどこが勝ってもあまり期待できないと思うのは、私だけ?

地場の銀行も大変です。資金を提供しようにも、そんな余裕がない。
そこで緊急融資対策、セーフティー・ネットということです。
これは、、対象業種の会社が、3%程度の売上がダウンしているときには、県の保証を付きで銀行から低金利で簡単にお金を借りられる、という制度ですが、本当にこれが機能しているかには疑問があります。

実は、タックスマンのクライアントさまに、銀行からこんな話が持ち込まれた。
「今回、御社の業種がセーフティーネットの対象業種になりました」
これは760業種あるので、まあ大概の業種が含まれます。
それで、銀行の担当者が言うわけです。
「金利面でも有利ですし、是非これをご利用ください」
「いやあ。そういっても、今お金を借りるつもりはないです。第一、ウチは融資条件である売上のダウンもありませんしねえ」
「ですから、お貸ししたお金は、使わずにおいておかれればまた金利もつきますし。売上ダウンについては、ほら、中山会計さんに相談して、何とかしてもらえば」
まあ、例外的な話だと信じたいですが。

別な会社は、融資がなければ倒産も視野という状況で、
「セーフティーネットを使うならば、商工会議所に行って商工調停士さんの調停を受けてこなければ、融資は出来ません」
と言われました。

僕らの感覚では、商工調停と言うのは、このままでお金が返せない企業の最後の手段だと思ってました。これを受けると、次の融資はまず厳しくなる。
と言うわけで、必要のないところに貸付を押し込んで、ホントに資金が必要なところにはお金が回っていないということになっているかもしれません。
繰り返し言いますが、ごく一部だと信じたいですが。

とにかく、現場ではこんな状況が起こっているかもしれない。
金融行政を末端までしっかりと機能させないと、金融機関も動きようがない。
タックスマン、怒ってマ~ス!


(文責:Taxman)

M-Culture 3月13日分放送分 ~相続税⑪~

木村雅幸さん(以下、木村さん):今週もミスターマネーはこの方です。
サラリーマン税理士ノム(以下、ノム):サラリーマン税理士ノムこと野村です。こんにちは。

木村さん:こんにちは。今週もノムさんを迎えてお送りしていきます。
ノム:はい。よろしくお願いします。

木村さん:いや、毎週心苦しいですよ。確定申告が佳境を迎えつつある中で、今週も来てもらったということで。
ノム:いえいえいえ。

木村さん:いや本当に申し訳ないというか。
ノム:もう終わりですからね。

木村さん:そうですか。いや、つかぬ事伺うんですけれども、日本に税理士という方は何人くらいいらっしゃるんですか?
ノム:はぁ~。今ですね、1月末で約71,000人くらいいます。

木村さん:70,000ですかぁ。
ノム:はい。ただですね、北陸三県ではすごい少ないんですよ。北陸、石川富山、福井で、1,300人しかいなんですよ。これはですね、全国に税理士会というがありまして、全国に15あるんですね。全国15のうち、一番少ないのが沖縄なんですよ。

木村さん:はい。
ノム:沖縄税理士会が一番少なくって、北陸税理士会の三県というのは、全国で二番目に少ないんですね。

木村さん:そうなんですか。他にもっと少ないところがあってもよさそうなもんですけど。やっぱりこれ、必要に迫られて人数もそれだけいるって・・・、需要と供給のバランスがきっとあるでしょうし。
ノム:そうですねぇ。

木村さん:それだけ少ないとやっぱり大変なんじゃないですか?そこに集中するわけですからね、少ない人数の中に。
ノム:そうなりますよね。計算上はなりますね(笑)。

木村さん:計算上はそうなんですか。まぁいずれにしても、この繁忙期は終わりに近づいてきてるというお話でしたので・・・。
ノム:そうですね、もう来週月曜日までですからね。

木村さん:ほんとに倒れなくてよかったです。
ノム:終わったとたんに倒れるかもしれませんけれどもね。

木村さん:そんなことはないように、ラストスパート応援しております。
ノム:ありがとうございます。

木村さん:はい。M-Culture、この時間は経営支援サービスの中山会計の提供でお送りしていきます。さて、今回も相続税シリーズということでお届けしていきます。そういえばですね、前々回でしたかね、タックスマンが登場した週にですね、会計事務所の選び方というお話をしてもらったんですね。
ノム:あぁ、はい。

木村さん:その時にですね、税理士といいましても、得意分野と不得意分野があるんだというふうにタックスマンは語っていました。
ノム:はい。

木村さん:この相続税に関しても、明るい税理士と、この相続税にそんなに明るくない税理士というのが存在するんですか?
ノム:これはもうキッパリ分かれますね。

木村さん:キッパリ。ほぅ。
ノム:先程、税理士が70,000人というお話をしましたね。

木村さん:はい。
ノム:実はですね、1年間に日本全国で相続税の申告をしないといけないという方がどれくらいいるかというと、約100万人の方が亡くなるんですね。で、その中で4.数%の方しか相続税かからない。そうするとですね、計算すると45,000人くらいの方が相続税の申告をしているんですね。

木村さん:あれ?となると、これは税理士の数の方が上回っているということになりますね。
ノム:そうなんですよ。まさにそのとおりでですね、単純計算すると税理士一人は2年に1回くらいしか相続税の申告が回ってこないという話になりますね。

木村さん:ということになりますね。
ノム:で、中にはですね実際相続税専門でやっている税理士とか、会計事務所もありますから、そういうところでは年間数十件の申告をやっているわけです。そうするとですね、ヘタすると、相続税の申告やったことないという税理士も中にはいるんですよね。

木村さん:はい。
ノム:で、更にはですね、税理士というのは税理士試験というのがあるんですけれども、税理士試験の中に相続税法という科目があるんですが、これ、選択科目なんですよ。ですので、税理士資格をもっている人が必ずしも相続税を勉強したとは限らないんですね。

木村さん:はぁ。
ノム:本気で相続税を勉強した税理士がはたしてどれだけいるのかなぁっていうことを考えると、これほど得手不得手がキッパリ分かれる税法というのはないですねぇ。

木村さん:そうなんですかぁ。だけど、一般の方はそういう裏事情というのをご存知の方は少ないでしょうねぇ。
ノム:そうですね。やはりこの税理士というのは、税務署のOBの方がなるということもあるので・・・。

木村さん:そういうケースもありますよね。
ノム:ですので、あまりその国側としても情報というのは積極的に出さないんですね。

木村さん:なるほどねぇ。
ノム:調べればわかりますけどもね。

木村さん:そうですかぁ。ってことになると、やっぱり相続税の相談をするときにやっぱり税理士選びというのは慎重にしないといけないということになりますね。
ノム:そうですね。これは、本当に重要だと思います。

木村さん:さぁ、ということで、そんな相続税のエキスパート、ノムさんにですね今週も伺っていくんですけれども。今回はですね、不幸にも相続が発生してしまったら、人が亡くなって相続ということですから非常に不幸な話ではあるんですけれども、えぇ、その後のスケジュールですね、どういうふうにこの相続税に関してたてていけばいいのかっていうことでですね、伺っていきたいと思います。
ノム:はい。これはですね、まず申告というのは、相続開始から10ヶ月以内というふうに決まっています。ですので、この10ヶ月の間に何をやるのかということを、まぁ今木村さんおっしゃっていたようなことだと思うんですけれども・・・。これ結構あります。

木村さん:えぇ。
ノム:ポイントはですね、3ヶ月、4ヶ月、10ヶ月という言葉なんですけれども。

木村さん:3、4、10?
ノム:気になる方はメモして頂ければいいかなと思うんですれども。

木村さん:はい。
ノム:まず最初に、遺言書の有無を確認します。遺言があるのかないのか、これが一番ですね。それから二番目、戸籍を調べて相続人を確定します。

木村さん:これも必要ですね。
ノム:それから三番目におおよその相続財産を洗い出します。

木村さん:はぁ。
ノム:それから四番目に相続人の数、洗い出した相続財産を踏まえて、相続を放棄するのかしないのかという判断をします。

木村さん:これあの、借金の相続もあったりしますから、放棄しなければいけないものもあるでしょうし。
ノム:そうですね。以前お話しましたけれどもね。ここまでが3ヶ月間以内にやることなんですね。

木村さん:はい。
ノム:で次に五番目。ここで相続の放棄の有無が確定すると、相続人が正式に決まります。

木村さん:はい。
ノム:で、その次六番目に、亡くなった方の準確定申告といいまして、まぁ収入があった場合にはそれを精算するということですね。

木村さん:えぇ。
ノム:ここまでが、四ヶ月以内の話です。

木村さん:たくさんありますね。
ノム:あります。まだまだ続きます(笑)。

木村さん:はい。
ノム:で、次七番目なんですけれども、ここからが大変で我々の出番になってくるんですけれども、正式な遺産の調査、それから遺産の評価というのをやりますね。で、それに基づいて今度は八番目に、この遺産を分けていきます。遺言がない場合には、遺産分割という形で誰が何を取得するかという話を進めていきますね。次にこの遺産分割が成立すれば、遺産分割協議書というのを作るんですね。

木村さん:はい。
ノム:もし、成立しなければ、家庭裁判所に行って調停なり審判をして、法の下に委ねるということですね。で、最後にここまでくれば、相続税の申告書を作って納税すると。これが十ヶ月以内ですね。

木村さん:たくさんの、このプロセスを踏んでいくということなんですが、十ヶ月という期間があって、大体この普通でやっていって、スムーズにいったケースでどのくらいかかるんですか?
ノム:スムーズにいっても、やはり半年くらいはかかりますね、どうしても。

木村さん:あぁ、そうですか。
ノム:どうしても、この準確定申告というのが四ヶ月以内にありまして、相続税の申告が必要になるという方は、やはり大抵財産をお持ちの方が多いですし、あと最近では、相続人の方が全国散らばって
いるんですよね。

木村さん:はい。
ノム:そうすると、やはりお休みの時にしか実家に帰って来れない。そうなると、月に一回位しかお話ができないとか、そういうようなこともありますので、思うようになかなか進まないですね。

木村さん:あぁ、そうかそうか。さぁ、それでですね、ここまで相続税やってきて最後に一つ聞きたいのがですね、税理士さんにお願いするとして、これどれくらい報酬がかかるのかと、これリスナーの人も気になっていると思うんですよ。これ、どういう報酬体系になってるんですか?
ノム:昔は税理士法というところの中に、料金規定というのがあったんですね。で、今はそれは撤廃されまして、正直なところその会計事務所、それから税理士によって値段はまちまちです。

木村さん:あら、言い値だ!
ノム:言い値です(笑)。ですけれども、基本的にはですね、ある程度の期間がかかるということ、それから見えないところでの作業が実に繁雑、それから、かなり高度な法律の知識を使うというようなことになりますので、一般的に申告が必要な方、納税が発生するような方でも、大体100万円位は最低かかりますね。

木村さん:そうですかぁ。
ノム:まぁ、中には安いところもありますよ。一般的に言ってですけれども、100万円くらいがひとつの出発点かなというふうに思っています。

木村さん:それを協同で相続しているとすると、皆さん分割で報酬として払うということがほとんどなんでしょうか。
ノム:そうですね。はい。

木村さん:あるいはね、長男の方がまとめて払ったりとか、まぁそれはケースバイケースでしょうけれども。
ノム:ケースバイケースですねぇ。まぁ、そのあたりもうまくやらないと贈与云々という話もね出てくるんですけれどもね。

木村さん:あぁ、そうかそうか。
ノム:やはりその辺りも含めてね、プロに相談するのが一番かと思います。

木村さん:さぁ、ということで、いかがだったでしょうか。相続税シリーズ、ノムさんの解説でここまでお送りしてきました。では、音楽にいきたいと思います。今週もノムさんの選曲になります。今週は何でしょうか?
ノム:今週はですね、アメリカのオバマ大統領の就任式で、愛国歌を歌いました、ソウルの女王、アレサフランクリン(Aretha Franklin)の若かりしころの曲をお送りしたいと思います。

木村さん:ちょっとタックスマンっぽいですね。
ノム:はい・・・個人的に大好きなんですけれども。2007年に、レアトラック未発表曲集として発売された二枚組のアルバムがありまして、これは、数十年前にアレサフランクリンがまさに文字通りソウルの女王と呼ばれてたころの時代の曲を集めたものなんですね。この中でフランクシナトラで有名なマイウェイ(My Way)という曲がありますけれども、これをアレサフランクリンがかなりアレンジして歌っています。

木村さん:なるほど。
ノム:心揺さぶるヴォーカルだなと、個人的に思うんですけれども。これね、初めて聞いた瞬間にちょっと鳥肌が立っちゃったような記憶があるんですけれども、今日は時期的にもマイウェイという曲がいいかなぁと。

木村さん:そうですか。ではですね、アレサフランクリンのすばらしい歌声を聞いていただきたいと思います。さぁ、それではノムさんの曲紹介でお願いします。
ノム:アレサフランクリンのMy Way(Spilit In The Dark Outtake)です。